自動車保険お得に
節約テクニックトップへ
<広告>


第1章 基本
insurance discount

保険料を安くできる7つの方法
保険料が安くなる人・ならない人
もっと安くなる加入方法の秘密
安さをとるか?安心をとるか?
ダイレクト系損保とは
 
第2章 運転者年齢条件
terms
 
リスクを反映した年齢による差
年齢条件にはきをつけよう
 
第3章 等級について
insurance class
等級とは?
保険を使うと等級はどうなる
保険会社や車を変えると
車に長期間乗らない場合は
 
第4章 免許について
license
ゴールド免許でこんなに安く
 
第5章 走行距離について
mileage
短いほうが安い?
 
第6章 安全装置について
reliable car
エアバッグ割引
ABS割引
イモビライザー割引
衝突安全ボディー割引
横滑り防止装置割引
低公害車(エコカー)割引
 

第7章 家族限定割引について
family
家族限定割引とは
 
第8章 複数台所有割引
possession
複数台所有割引とは
 
第9章 営業マンとのつきあい方
business
保険料を下げるための営業マン攻略法
 


アイコン

 
直線上に配置
バナー

● 序章 ; 基本
<3> もっと安くする加入方法の秘密

上記でご紹介した通り、保険料を安くするための秘訣は正しく保険を理解して適正な契約をするための知識を身につけることです。これができれば、あとは
どのような保険を選びどのようにして加入するかということで、保険料が決まってくるのです。

たとえば、自動車保険の保険料支払方法は一括払いによるものと分割払いとがあります。

通常、百貨店などで商品などを購入する場合と同様に、自動車保険でも分割払いによる保険料の割増が適用されます。
分割払いの方法は、個人契約の場合4回払い、6回払い、10回払い、11回払い、12回払いの5通りの方法があります。
一括払いによる保険料額を1とすると、4回払いの場合は約4%割増、5回払いの場合は約5.6%割増、10回・11回・12回払いの場合はいずれも約10%の割増となります。

分割払いによる場合でも、たとえば会社等の団体を通じて加入し、保険料を毎月の月給から天引きとする場合は割増がありません。加入する団体と保険会社によっては、団体割引が適用されて更に保険料を安くする方法もありますので自分が勤めている会社で自動車保険に加入することができる場合などは一度確認してみるとよいでしょう。

また、これも保険会社によりますが、自動車の使用目的を業務使用・通勤使用・
レジャー使用などに分けることによって保険料を安くすることができる場合もあります。

たとえば、車は週末レジャー用にしか使用しないということでしたら、使用目的をレジャーに限定することによって保険料を安くすることができます。

これらのように、最近の自動車保険は個別のニーズによって保険の条件を細かく細分化することにより、個人によってオーダーメイドに近い保険の設計をして更に保険料を安くする加入方法があったのです。


次へ


直線上に配置
このサイトはホームページ制作とCMSのプライム・ストラテジーが運営しています