自動車保険お得に
節約テクニックトップへ
<広告>


第1章 基本
insurance discount

保険料を安くできる7つの方法
保険料が安くなる人・ならない人
もっと安くなる加入方法の秘密
安さをとるか?安心をとるか?
ダイレクト系損保とは
 
第2章 運転者年齢条件
terms
 
リスクを反映した年齢による差
年齢条件にはきをつけよう
 
第3章 等級について
insurance class
等級とは?
保険を使うと等級はどうなる
保険会社や車を変えると
車に長期間乗らない場合は
 
第4章 免許について
license
ゴールド免許でこんなに安く
 
第5章 走行距離について
mileage
短いほうが安い?
 
第6章 安全装置について
reliable car
エアバッグ割引
ABS割引
イモビライザー割引
衝突安全ボディー割引
横滑り防止装置割引
低公害車(エコカー)割引
 

第7章 家族限定割引について
family
家族限定割引とは
 
第8章 複数台所有割引
possession
複数台所有割引とは
 
第9章 営業マンとのつきあい方
business
保険料を下げるための営業マン攻略法
 


アイコン

 
直線上に配置
バナー

● 第5章 ; 走行距離
<1>短い方が安い?


あなたの車の走行距離は年間どの程度だと思いますか?? 
通勤や仕事などでも車を使い、ほとんど毎日車を走らせているドライバーであればその距離は年間2万?を越える場合もあるでしょう。

ところが、通勤はいつも電車のため車の使用は週末のレジャーにしか使用しないような場合は、年間の走行距離は1万?以下というのが一般的です。

仮に同じ車を使用しているAさん・Bさんがいたとして、一方は仕事と通勤で毎日車を使い、もう一方は週末のレジャー使用だけだったとします。いずれの場合も保険料を同額支払っているとすると、車1キロ走行あたりいくらの保険料を支払っているか、例を挙げて考えてみましょう。

〜車1キロ走行あたりの保険料比較〜


1キロ当りに換算すると、単純に計算しても保険料が倍ちがうわけです。つまり同  じ1年間という補償期間であっても、コストパフォーマンスがまるで違うというわけです。

それに車に乗る頻度が低いユーザーであれば、当然事故を起こす確率は低いわけですから、この点の着目して保険料を安く設定したのが『年間走行距離』による割引制度です。

年間の走行距離を一定の距離ごとに区切って、保険料を細かく細分化している保険会社もあります。ある保険会社の例を取ると、契約者向けのパンフレットにはこのように表現されています。

〜年間走行距離に比例した保険料比較〜




次へ

直線上に配置
このサイトはCMSホームページ作成のプライム・ストラテジーが運営しています