自動車保険お得に
節約テクニックトップへ
<広告>


第1章 基本
insurance discount

保険料を安くできる7つの方法
保険料が安くなる人・ならない人
もっと安くなる加入方法の秘密
安さをとるか?安心をとるか?
ダイレクト系損保とは
 
第2章 運転者年齢条件
terms
 
リスクを反映した年齢による差
年齢条件にはきをつけよう
 
第3章 等級について
insurance class
等級とは?
保険を使うと等級はどうなる
保険会社や車を変えると
車に長期間乗らない場合は
 
第4章 免許について
license
ゴールド免許でこんなに安く
 
第5章 走行距離について
mileage
短いほうが安い?
 
第6章 安全装置について
reliable car
エアバッグ割引
ABS割引
イモビライザー割引
衝突安全ボディー割引
横滑り防止装置割引
低公害車(エコカー)割引
 

第7章 家族限定割引について
family
家族限定割引とは
 
第8章 複数台所有割引
possession
複数台所有割引とは
 
第9章 営業マンとのつきあい方
business
保険料を下げるための営業マン攻略法
 


アイコン

 
直線上に配置
バナー

● 第6章 ; 安全装置
<1>エアバッグ


エアバッグとは、運転席のハンドルの中央に中央に内蔵されている安全装置で、万が一急ブレーキをかけて車を停止させ、顔面をハンドルにつぶけてしまった場合などにエアバッグが飛び出して風船のように膨らむことによってドライバーのケガを軽減させてくれるための装置です。

これが内蔵されている車では、車を運転している人のケガを軽減させる効果が期待されるため、それらにあたる保険料の部分のみが割引の対象となる仕組みになっています。したがって、搭乗者傷害保険および人身傷害補償保険の保険料が10%割り引かれることになります。

最近はエアバッグが標準装備されている車が増えてきていますが、国産車だけでなくメルセデスベンツやフォルクスワーゲンなどのような外車にもエアバッグが装備されています。

通常、保険契約をする際に代理店は『車両料率クラス表』という冊子を参考にして保険料を算出したり、その車に標準装備されている安全装置などを確認して『安全装置』割り引きの適用を確認します。ですが、うっかりするとこの割引を適用しわすれて割引のない保険料を支払ってしまうケースもあるのです。

代理店に確認してもらうと同時に、もし代理店からの提案書にこの割引制度の適用が記載されていない場合は、契約者側から確認してみることも大切です。


次へ


直線上に配置
このサイトはホームページ制作とCMS導入・構築のプライム・ストラテジーが運営しています